FLYHIGH

言葉は何一つ見つからなくて
揺らぐ心だけが謳ってる
足早に歩く帰り道
沈む太陽に急かされるように

形に出来ないもの程
胸の中で大きく膨らんだ
ほんのちょっとの衝撃で
全部溢れ出てしまうよ

今夜夜空を撫でた箒星が
僕らの街を照らす頃
隠し持った企みが 呼吸を始めるよ
スイッチ一つでどこだって行ける
ロケットに君と乗り込んで
飛んでいこう 出来るだけ遠くへ


偽った気持ちのその裏側で
苛立つ戸惑いが叫んでる
足元に絡み付いたままの
自分自身がまた一つ後悔になる

声にならないもの程
本当に伝えたいものなら
どれくらいのスピードで
イマを追い越して行けばいい?

今夜夜空を撫でた箒星が
僕らの街を照らす頃
許しあったその傷も 優しく染まるよ
やがて全てを包む朝が来て
なにもかも想い出に変わっても
構わない 君の手を握って


そうさいつだって背中合わせ
「夢」と「現実」「好き」と「嫌い」
その狭間を彷徨って
それでも次の扉を開けるよ


少し指先をかすめて消えた
胸をくすぐる風の中
立ち止まったこの想いが 呼吸を始めるよ
やがて全てを照らす朝が来て
なにもかも幻に変わっても 構わない

今夜夜空を撫でた箒星が
僕らの街を照らす頃
隠し持った企みが 呼吸を始めるよ
スイッチ一つでどこだって行ける
ロケットに君と乗り込んで
飛んで行こう 出来るだけ遠くへ

超えていこう 離さない
君の手を握って
飛んで行こう 出来るだけ遠くへ